新型コロナウイルスの被害を受けるマラウイで緊急支援プロジェクトを開始

いつもお世話になっております。
この度、一般社団法人Gradationは、新型コロナウイルス緊急支援プロジェクトをアフリカ南部に位置するマラウイ共和国で開始します。

世界中で今もなお新型コロナウイルスの脅威に直面する中、マラウイにおいても、2020年7月1日現在、1,224名が感染、14名の死者が出ています。

そこで私たちGradationは、マラウイの現地NGOであるThe Centre for Youth Development and Social Empowerment (CYDSE)と協力し、新型コロナウイルスによる被害を受けた貧困家庭へ現金給付による緊急支援を行います。

現在、私たちGradationとCYDSEで現地調査を進めており、調査実施後すみやかに現金給付を開始する予定です。

現金給付実施後はCYDSEと連携し、量的・質的調査を実施。その結果に基づき、受益者のターゲティングの再設定や、受益者の行動変容を促すためのカウンセリングの提供、条件のない現金給付から条件付き現金給付への移行などを盛り込んだ、追加での現金給付の実施を検討しています。

本支援プロジェクトの詳細については、また適宜お知らせさせていただきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる